2月16日(火) 代表質問 国松 誠 議員

1 県政課題に対する知事の基本姿勢について
(1) コロナ禍を見据えた本県の体制について
ア 県税収入の見込みと当初予算編成の考え方について
イ コロナ禍を乗り越えるための県庁組織の見直しについて
(2) 広域行政のあり方について
ア 特措法に基づく権限の指定都市への移譲について
イ 特別自治市について
(3) 利用者目線の新しい障がい者支援の実現に向けた取組について
2 コロナ禍における諸課題について
(1) 感染蔓延期における病床の確保について
(2) 保健所体制の強化について
(3) 自宅・宿泊施設療養者の療養サポートについて
(4) ワクチン接種に向けた県の取組について
(5) コロナ禍における中小企業支援について
3 県政の諸課題について
(1) 相鉄いずみ野線の延伸について
(2) 村岡・深沢地区のまちづくりと新駅設置に向けた今後の取組について
(3) 本県の水産業の活性化について
(4) 少人数学級の拡充について
4 県民の安全・安心を守る取組について
(1) 災害対策に向けた取組について
ア 防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策を活用した水防災戦略の推進について
イ 複合災害対策について
(2) 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組について
ア 東京2020大会に向けた新型コロナウイルス感染症対策について
イ 東京2020大会に向けた県警察の取組について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です